Field Photo Gallery 写真版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009 3 24 ムクドリ(部分白化個体)

ムクドリの群れには違うムクドリの仲間が混じっていることがあるようなので、この日も近くにいる群れを1羽ずつチェックしていた。1羽、違和感のある個体がいた。現場ではギンムクドリではなさそうだとは思ったが、どうやら普通のムクドリの部分白化のようだ。
090324_IMG_1530.jpg

090324_IMG_1533.jpg

090324_IMG_1534.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 11:36:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 24 ハシボソガラス

風切羽が茶色いハシボソガラスがいたので、少し撮影しようとカメラを構えた。すると、おかしいのは羽色だけでなく、嘴にも違和感がある。どうやら上の嘴が長く伸びすぎているようで、印象としては通常より鋭く感じる。
090324_IMG_1514.jpg

090324_IMG_1516.jpg
  1. 2009/03/30(月) 13:08:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 24 オオタカ(幼鳥)

人が通ってもいないのにヒドリガモ、ムクドリ、キジバトが飛び立ったので空を見上げると、ちょうど真上をオオタカが通過した。ヒドリガモの群れを追っているように思えたが、すぐに土手に下りた。何かを捕まえたのかは不明だが、カラスやユリカモメが繰り返しモビングをしたため、あまり近づけないうちに飛び去ってしまった。
090324_IMG_1502.jpg

090324_IMG_1504.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/29(日) 17:11:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 24 コジュリン、オオジュリン

ヒドリガモの観察中、聞きなれない声を発しながら枯れ草に止まった2羽の小鳥がいた。双眼鏡で確認すると、1羽はオオジュリンだが、もう1羽は頭の模様ですぐにコジュリンと分かった。世界的にも貴重な鳥で、この場所での初記録だったが、全身を1枚写せた所で見失ってしまった。以前、別の場所で観察したコジュリンとオオジュリンは、似ているのは名前だけで、生態は違う鳥の印象を持っていたが、一緒に行動しているのを見て驚いてしまった。
コジュリン、オオジュリン090324_IMG_1466.jpg

オオジュリン090324_IMG_1467.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/28(土) 11:46:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 24 ヒドリガモ

本来のカモ類は非常に警戒心の強い鳥で、人気がない川では、撮影さえ出来ないほど。ここのカモは比較的人に慣れている様だったが、陸に上がっているときの警戒心は強く、散歩の人が土手の上を歩いただけでも逃げてしまう。慌てて逃げるためか、口に草を咥えたままのものもいる。また、良く観察していると、仲間が餌を採っている時も常に顔を上げたまま、警戒している個体がいた。
090324_IMG_1452.jpg

090324_IMG_1488.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/27(金) 12:44:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 24 ヒドリガモ

岸に寄って休んでいたヒドリガモの群れを観察していると、突然一斉に飛び上がって土手に上がり、草を食べ始めた。川の対岸の方で休んでいたカモ達も遅れて飛んできた。土手の草は、この時期の重要な食料のようだ。
090324_IMG_1420.jpg

090324_IMG_1447.jpg

090324_IMG_1461.jpg

090324_IMG_1473.jpg

090324_IMG_1477.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/26(木) 15:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 20 ヨコヅナサシガメ(カメムシ目サシガメ科)

タチツボスミレを撮影した後、顔を上げたら木の幹で何かが動いた気がしたので良く見ると、アカヘリサシガメの幼虫だった。カメムシの仲間は主に草の汁を吸うが、サシガメの仲間は肉食性で、他の昆虫を捕らえ、その体液を吸って生活する仲間。
090320_IMG_1308.jpg

EOS kiss DN
SMC PENTAX 55mm F1.8

<追記>
当初は アカヘリサシガメ としましたが、ヨコヅナサシガメに訂正させていただきます。
  1. 2009/03/25(水) 09:22:00|
  2. 旧・昆虫類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2009 3 20 コスミレ(スミレ目スミレ科)

林の中にも春が来た。田んぼでツバメを初認したこの日の林では、桜の木の根元に、二株のスミレを見つけることが出来た。こちらも今季初。生憎、午前中は雨だったので咲き具合はよくないが、春を感じることが出来た。
090320_IMG_1303.jpg

090320_IMG_1305.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
SMC PENTAX 55mm F1.8

<追記>
当初は タチツボスミレ としましたが、 コスミレ に訂正させていただきます。
  1. 2009/03/24(火) 12:54:00|
  2. 旧・植物類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 20 ヒドリガモ

ふと上空を見上げると、突然沢山のヒドリガモが飛んできた。何かに驚いて逃げてきたように思えたが、降りる場所が定まらないのか、繰り返し旋回を続けていた。夕方、飛んできた方向へ行ってみると、ラジコン飛行機が飛んでいたので、これに驚かされたようだ。
090320_IMG_1229.jpg

090320_IMG_1245.jpg

090320_IMG_1262.jpg

090320_IMG_1269.jpg

090320_IMG_1283.jpg

090320_IMG_1295.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/23(月) 13:40:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 20 カワラヒワ

暖かくなり、日差しが強くなってきた畑横の空き地を、様々な春の花が覆っていた。近くの木には沢山のカワラヒワが止まっており、周りの様子を伺いながら、花の間で何かをついばんでいる。しばらく見ていたが、不意に猛禽の気配がしたのか、一斉に飛び上がり、群れごと遠ざかってしまった。
090320_IMG_1181.jpg

090320_IMG_1190.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/22(日) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 アオサギ

18日のクロガモの一枚目の写真、背景に見える切り立った崖が、この周辺のサギの休息場。何羽かのコサギ、アオサギが羽を休めている。間近に見るとかなり大きい、日本最大のこのサギも、この風景の中では小さな点。
090311_IMG_1011.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/21(土) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 セグロセキレイ

この鳥を見る機会は決して少なくないが、世界的に見れば、日本だけに生息する種。稀に日本に現れる珍鳥にカメラマンは大騒ぎするが、そんな鳥だって、この鳥と同じように、本来の生息地では何てことのない鳥なのかもしれない。
090311_IMG_1009.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/20(金) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 イソヒヨドリ(雄)

テトラポットを歩いていると、その合間からイソヒヨドリが飛び出し、対岸の木に止まった。大きな岩盤の中ほど、岩を突き破って生えたこの木には、人は近づくことは出来ない。それを分かっているかのように、数分間動かず、ずっとこの場所に止まっていた。
090311_IMG_1004.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/19(木) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 クロガモ(雄)

遥か彼方の海上をスコープで見ていると、ピンポン玉のような、鮮やかなオレンジ色が目に入った。倍率を上げてみると、クロガモの雄だった。以前に見たときには群れでいたが、遠すぎてとても写せる距離でなかった。今回も見つけたときは数km離れているが、岸からの距離は前回ほどではなかったので、車で移動して何とかそれと分かる写真を撮影出来た。
090311_IMG_0985.jpg

090311_IMG_0989.jpg

090311_IMG_0993.jpg

090311_IMG_0999.jpg

≪1,2枚目≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)

≪3,4枚目≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF) + Ai TC-14BS
(トリミング)

  1. 2009/03/18(水) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 シロチドリ

遠ざかっていくシノリガモとミミカイツブリを諦めて海岸沿いに歩いていると、吹き付ける塵をよけながら採餌しているシロチドリがいた。綺麗な砂浜だったので、カメラの位置を下げ、砂浜と海が入るような位置へ移動して撮影。
090311_IMG_0912.jpg

090311_IMG_0917.jpg

090311_IMG_0937.jpg

090311_IMG_0942.jpg

090311_IMG_0952.jpg

090311_IMG_0965.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/17(火) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 ミミカイツブリ

山での観察を終え、午後からは海岸へ。とりあえず双眼鏡を持って辺りを見回すと、海岸近くにミミカイツブリが2羽。1羽は冬羽だが、もう1羽は夏羽が混じっている。遠くにはシノリガモも2羽見えたので、慌ててカメラを取りに戻るも、準備が出来たときには遥か彼方。彼らの一回あたりの潜水時間は驚くほど長く、あっというまに遠ざかってしまった。
090311_IMG_0903.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/16(月) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 ジョウビタキ

林の中からヒタキの声が聞こえてきた。釣られてそちらへ行ってみるとジョウビタキの雄だった。まだ若いようで、お腹のオレンジも薄く、背中の黒色部にも褐色の羽が混じる。あまり人を恐れる様子がなく、目の前で採餌を繰り返していたので、ゆっくりと撮影できた。
090311_IMG_0882.jpg

090311_IMG_0891.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/15(日) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 カワラヒワ

マヒワの群れを見ていると、何羽か大きい鳥がいることに気がついた。カワラヒワだった。普段、単独で見かけるときは小さいイメージのこの鳥も、マヒワと一緒にいると大きく、太って見える。一瞬、マヒワとファインダーの中で並んだとき、その大きさの違いがはっきりとわかった。

090311_IMG_0704.jpg

マヒワと雄090311_IMG_0790.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/14(土) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 マヒワ

昨日の続き。相変わらず必死で実を食べている。しばらくマヒワを撮影しながら観察していると、1羽が地面に降りたのを皮切りに、次々と地面に降り、前日の雨でたまった水を飲み始めた。このときが一番警戒心が強く、少し動いただけでも警戒されてしまう。本当は低いところから撮影したかった。

群れ090311_IMG_0783.jpg

090311_IMG_0784.jpg

090311_IMG_0801.jpg

090311_IMG_0808.jpg

090311_IMG_0826.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/13(金) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 3 11 マヒワ

久しぶりの遠征、まずは低山へ。駐車場で機材をセットしていると、すぐ目の前のオオバヤシャブシの木に、次々とマヒワが飛んできた。その数、50羽以上。みな、必死に実をついばんでいる。枝が込んでいてなかなか開けた場所に出ず、せめて低いところへ降りてくるのを期待して、少し距離を置いて待ち、しばらくたって警戒を解いたころにようやく撮影できた。
090311_IMG_0727.jpg

090311_IMG_0737.jpg

090311_IMG_0760.jpg

090311_IMG_0766.jpg

090311_IMG_0779.jpg

≪共通≫
EOS kiss DN
Ai Nikkor 500m F4 P (IF)
  1. 2009/03/12(木) 16:00:00|
  2. 旧・鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

野鳥を中心に、自然の写真を撮っています。出来るだけ多く更新したいと思っています。メインページやBlog日記版もよろしくお願いします。                                                   コメントも歓迎です。お待ちしております。

taka_s

Author:taka_s

Field Photo Gallery メインページは   こちら                                    Blogの日記版は   こちら PhotoBBSは   こちら

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

鳥類(ガンカモ目ガンカモ科) (3)
鳥類(カイツブリ目カイツブリ科) (2)
鳥類(チドリ目チドリ科) (1)
鳥類(チドリ目シギ科) (7)
鳥類(チドリ目ミヤコドリ科) (1)
鳥類(チドリ目カモメ科) (2)
鳥類(ミズナギドリ目ミズナギドリ科) (3)
鳥類(ワシタカ目ハヤブサ科) (2)
鳥類(スズメ目キツツキ科) (2)
鳥類(スズメ目ヒタキ科) (2)
鳥類(スズメ目モズ科) (1)
鳥類(スズメ目ツグミ科) (1)
鳥類(スズメ目ホオジロ科) (1)
鳥類(スズメ目カラス科) (1)
爬虫類(有鱗目) (3)
両生類(無尾目) (3)
哺乳類(クジラ目) (1)
哺乳類(ネズミ目) (1)
昆虫類(甲虫目) (2)
昆虫類(トンボ目) (4)
昆虫類(鱗翅目) (1)
昆虫類(鱗翅目シジミチョウ科) (4)
昆虫類(鱗翅目タテハチョウ科) (1)
昆虫類(ハチ目) (1)
昆虫類(半翅目) (1)
甲殻類 (1)
昆虫類(そのほか) (1)
植物 (1)
未分類 (1)
旧・鳥類 (68)
旧・植物類 (8)
旧・昆虫類 (8)
旧・爬虫類 (2)

tag crowd

Nikkor500mmF4P EOSkissDN EOS50D 飛翔(鳥類) SMC55mm Pentax50macro Nikkor300mmF4.5 中間リング NikonLSE70-210 EZ420 Nikkor35mmF2 TC-14 EF-S18-55 kenkoTP×1.5 EOSkissX3 

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。